低金利 カードローン

低金利のカードローンがお得です

カードローンを選ぶ際にひとつのポイントとなるのが、「金利」です。

 

金利が低いカードローンのほうが発生する利息が少なく、金利が高いカードローンと比べて支払い総額を少なく抑えることができるでしょう。

 

ただし、使用用途が決まっている場合は目的ローンを利用したほうが良いケースもあります。

 

以下で低金利のカードローンを利用したほうが良いケースと、目的ローンを利用したほうが良いケースについて説明していきますので、チェックして頂ければ幸いです。

 

低金利のカードローンを利用したほうが良いケース

低金利のカードローンは、借りたお金を何にでも使用できるというメリットがあります。

 

目的ローンの場合は使い道が決められていますが、低金利のカードローンは自由に使用することができますので、利便性は非常に高いといえるでしょう。

 

ショッピングやサービスの購入、飲み代や生活費の足しなどにカードローンを利用するという方が多いようです。

 

目的ローンを利用したほうが良いケース

先にも説明していますように、目的ローンの使い道は決められています

 

たとえば、住宅ローンはマイホームやマンションの購入にのみ、マイカーローンは自動車の購入にのみ、教育ローンは教育に付随する費用にのみ、旅行ローンは旅行に付随する費用のみへの使用となっていますので、低金利のカードローンと比較すると利便性では劣るかもしれません。

 

ただし、目的ローンの金利はカードローンの金利より低くなっているため、利息の負担を少なく済ませることができます。