カードローン 総量規制

カードローンの総量規制 Q&A

カードローン

カードローンの総量規制って何?

カードローンを利用する場合、総量規制の対象になってしまうことがあります。

 

総量規制の中身を大まかに説明すると、カードローンなどを利用する場合は年収の3分の1までしか借入することができないということです。

 

たとえば、年収が600万円の方の場合、カードローン業者から借り入れできる金額は200万円までとなります。

 

また、総量規制は個人向けのカードローンのみの適用となり、法人向けカードローンには適用されません。

 

ちなみに、総量規制が定められたことにより、各カードローン業者は申込者に返済能力があるか確認することが求められるようになりました。

総量規制対象外のカードローンってないの?

総量規制の対象外となるカードローンは、銀行が販売しているカードローンです。

 

したがって、銀行が販売しているカードローンなら、年収が600万円の方でも200万円以上を借りられる可能性があります。

 

また、法人向けのカードローンも総量規制の対象外です。

 

ちなみに、以前は信販系のカードローンを専業主婦の方が利用することはできましたが、総量規制が始まったことにより、専業主婦の方が信販系のカードローンを利用するためにはご主人の同意が不可欠となります。

 

そのため、専業主婦の場合はご主人に内緒でカードローンを利用するということはできないでしょう。

 

ただし、アルバイトやパートなどで毎月決まった額以上の収入がある場合は、ご主人に同意は不要です。