銀行カードローン 比較

銀行のカードローンを比較!

カードローン

銀行が販売しているカードローンを選ぶ際には、ひとつの銀行カードローンだけではなく、複数の銀行カードローンを比較してから申し込みましょう。

 

一般的な銀行カードローンの場合、信販系カードローンより金利が低く、融資限度額が高くなっています。

 

しかしながら、銀行によって特徴が異なっていますので、自分の目的に合っているか比較することが大切です。

 

ここでは、銀行カードローンを選ぶ際のポイントについて解説していきたいと思います。

 

銀行カードローンの実質年率

銀行カードローンを比較する際にまずチェックしていただきたいのが、それぞれの実質年率です。

 

実質年率によって利息の負担が増減するため、実質年率が低いカードローンを選ぶに越したことはありません。

 

楽天銀行のカードローンと三井住友銀行のカードローンを例にとって見てみましょう。

 

楽天銀行のカードローンでは、実質金利を4.9%〜14.5%としています。

 

一方、三井住友銀行のカードローンでは実質金利を4.0%〜14.5%としており、まとまったお金を借りる場合は三井住友銀行のカードローンのほうが利息負担が少なくなるでしょう。

 

このように、いくつかの銀行のカードローンを比較していってください。

 

銀行カードローンのサービス

銀行カードローンを比較するうえで盲点になりがちなのが、各種サービスです。

 

銀行カードローンによってはお得なキャンペーンや、提携銀行の利用で振込手数料ゼロ円などのサービスを提供しているところもあります。

 

実質利率だけにとらわれるのではなく、さまざまな視点で比較することが重要だといえるでしょう。