カードローン キャッシング 違い

カードローンとキャッシングの違いとは

カードローン

カードローンとキャッシングは同様のものとして考えられがちですが、厳密にいうと両者にはそれぞれ違う意味があります。

 

ここでは、カードローンとキャッシング、それぞれの特徴をピックアップしてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

 

カードローンの特徴

カードローンとは、信販会社や銀行などが販売しているローンのひとつで、契約時に渡されるカードを利用してお金を借りることになります。

 

つまり、カードローンイコール借金として捉えると良いでしょう。

 

借金である以上、当然利息が発生するということを忘れてはなりません。

 

発生する利息についてはカードローン業者の実質年率によって異なっていますので、お金を借りる前に確認しておきましょう。

 

カードローンは、インターネットで返済や借り入れをすることも可能ですが、提携ATMを利用して現金を引き出すことも可能です。

 

非常に利便性に優れているため、カードローンの利用者は年々増加しているといわれています。

 

キャッシングの特徴

キャッシングという言葉は、もともとお金を引き出す意味で用いられていました

 

つまり、今現在お使いの金融機関口座から現金を下ろすことをキャッシングと呼んでいたのです。

 

しかしながら、最近ではお金を現金の形で借りることもキャッシングと呼ぶようになっています。

 

そのため、カードローンのことをキャッシングと呼ぶこともあり、両者の境界はもはやなくなりつつあるといえるでしょう。